アイコスとの違いは | 世界中で話題の電子タバコ「ベイプ」について紹介します!

世界中で話題の電子タバコ「ベイプ」について紹介します!

「世界中で話題の電子タバコ「ベイプ」について紹介します!」のピクチャイメージです。

アイコスとの違いは

「アイコスとの違いは」のピクチャイメージです。

電子タバコといったらベイプよりもアイコスの方がパッと頭に思い浮かんでくるという人もいるでしょう。
ただし、アイコスとベイプでは似ているようで実は全然違うものになります。
だから今回はこのふたつの具体的な違いについて紹介していきたいと思います。

まず一番の違いといったらずばり「ニコチンの有無」になるでしょう。
アイコスにはニコチンが含まれていますが、ベイプの場合は一切含まれていません。
そのためベイプはたばこ税の課税対象外となります。
ただしニコチン入りのリキッドを使うと例外になるので注意してください。
ニコチンという成分がタバコに依存させる主な元凶となるので、ニコチンがないベイプの方が誰にでも興味を持ってもらえると思います。

そしてなんといっても味の種類が全然違います。
ベイプには相当な種類のフレーバーがあるので、何度使っても飽きることがありません。
一方でアイコスの場合は一応いくつかのフレーバーがあるものの、数は間違いなく少なめになっています。
また本物のタバコに近いので、ザ・タバコといった感じの味に近いのが特徴です。

あとはベイプとアイコスでは副流煙の有無があります。
実はアイコスには副流煙がなく、ベイプはたくさん副流煙が出ます。
ただしベイプの副流煙は害となる成分が含まれてないので、誰にも迷惑をかけません。

もうちょっと細かいことをいうと形状など色々な違いがありますが、同じ電子タバコでもここまでの差がアイコスとベイプにはあります。
やはり全体的に見てみると、無害でかついろんな味を楽しめるベイプの方がやっぱりおすすめできるでしょう。